プロフィール

藤岡 輝行

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

有限会社アドバンス

記事テーマ

ノミの話

2015年6月18日14:42:08

1メートルくらいピョンピョン飛び跳ねるノミを、高さが30センチしかない箱の中に2分間閉じ込めると、2分後に箱から出されたノミは、もう1メートル飛べなくなっているそうです。

最初は、30センチの箱に入れられたとき、一生懸命飛ぶんですが、何度も天井にぶつかって、そのうち飛ぶのを諦めてしまうそうです。

「人間も全く同じだ」と思います。本当は、成功できる資質を持っているのに、過去のうまくなかった経験ばかりにとられて、自分の能力を信じることができなくなったいるんです。

そして、もう一度やる気を失ったノミを、跳べるようにするする方法があるんだそうです。ノミには一つだけ、人間にはたくさんあるそうです。

ノミも人間もやる気のスイッチを入れる一番いい方法、それは 「出会い」 ですと聞いて感動しました。

自信を失ったノミの箱に、1メートル跳べるのみを入れてあげると、「自分もあのようになりたいと」思うようになって、跳べるようになるんだそうです。

人間も、本気で生きてる人、輝いている人に会うことによって、変わっていけるそうです。

感動です。

積極的に、素晴らしい出会いを求めていく事が、自分の人生の価値を高めていくになるので、どんどん素晴らしい出会いづくりをしていこうと決意しました。

また、素晴らしい本との出会いもしかりだと思いました。

 

 


最近はまっている本

2015年6月3日13:22:39

最近、はまっている本の著者を紹介したいと思います。

名前を、加藤秀視と言われます。

この方は、、虐待、施設、暴走族、裏社会、逮捕・・・、自らのどん底の経験から「人はいつからでも変われる」というメッセージを伝え、全国で年間一万人を超える人に対してトークライブを行っておられます。2011年の東日本大震災では、震災二日後に現地に入り、物資100トン以上、10万食もの支援を行われ、社会貢献者表彰を受賞されています。

また、少年院を出入りするような非行少年や問題行動を抱える親子など1000名以上の問題を解決に導き、「文部大臣奨励賞」「衆議院奨励賞」を受賞されています。

そして、事業家といても活躍され、100億円企業の顧問もされ、建設会社の代表もされています。

加藤さんが言われている言葉で、生き方として、「ただ純粋に相手を勝たせたい、という気持ちが何よりも大切である」と。

「相手を勝たせようという気持ち」というのは、「相手の成功や幸せに貢献する」という事です。そして、「人は与える事でしか受け取れません」と言われています。

それは、ギブ&テイクの精神とは、概念が正反対である。ギブ&テイクは、そもそも与える動機が「自分のため」であると。

加藤さんの本を読んで大変感動しました。そして、人が幸せ感を感じられる根本的なことだと改めて、勉強させていただきました。また、本物と出あうと、人生を変えられるという言葉も印象的でした。

 

 


最近はまっている本

2015年6月3日13:22:34

最近、はまっている本の著者を紹介したいと思います。

名前を、加藤秀視と言われます。

この方は、、虐待、施設、暴走族、裏社会、逮捕・・・、自らのどん底の経験から「人はいつからでも変われる」というメッセージを伝え、全国で年間一万人を超える人に対してトークライブを行っておられます。2011年の東日本大震災では、震災二日後に現地に入り、物資100トン以上、10万食もの支援を行われ、社会貢献者表彰を受賞されています。

また、少年院を出入りするような非行少年や問題行動を抱える親子など1000名以上の問題を解決に導き、「文部大臣奨励賞」「衆議院奨励賞」を受賞されています。

そして、事業家といても活躍され、100億円企業の顧問もされ、建設会社の代表もされています。

加藤さんが言われている言葉で、生き方として、「ただ純粋に相手を勝たせたい、という気持ちが何よりも大切である」と。

「相手を勝たせようという気持ち」というのは、「相手の成功や幸せに貢献する」という事です。そして、「人は与える事でしか受け取れません」と言われています。

それは、ギブ&テイクの精神とは、概念が正反対である。ギブ&テイクは、そもそも与える動機が「自分のため」であると。

加藤さんの本を読んで大変感動しました。そして、人が幸せ感を感じられる根本的なことだと改めて、勉強させていただきました。また、本物と出あうと、人生を変えられるという言葉も印象的でした。

 

 


最近はまっている本

2015年6月3日13:22:34

最近、はまっている本の著者を紹介したいと思います。

名前を、加藤秀視と言われます。

この方は、、虐待、施設、暴走族、裏社会、逮捕・・・、自らのどん底の経験から「人はいつからでも変われる」というメッセージを伝え、全国で年間一万人を超える人に対してトークライブを行っておられます。2011年の東日本大震災では、震災二日後に現地に入り、物資100トン以上、10万食もの支援を行われ、社会貢献者表彰を受賞されています。

また、少年院を出入りするような非行少年や問題行動を抱える親子など1000名以上の問題を解決に導き、「文部大臣奨励賞」「衆議院奨励賞」を受賞されています。

そして、事業家といても活躍され、100億円企業の顧問もされ、建設会社の代表もされています。

加藤さんが言われている言葉で、生き方として、「ただ純粋に相手を勝たせたい、という気持ちが何よりも大切である」と。

「相手を勝たせようという気持ち」というのは、「相手の成功や幸せに貢献する」という事です。そして、「人は与える事でしか受け取れません」と言われています。

それは、ギブ&テイクの精神とは、概念が正反対である。ギブ&テイクは、そもそも与える動機が「自分のため」であると。

加藤さんの本を読んで大変感動しました。そして、人が幸せ感を感じられる根本的なことだと改めて、勉強させていただきました。また、本物と出あうと、人生を変えられるという言葉も印象的でした。

 

 


最近はまっている本

2015年6月3日13:22:27

最近、はまっている本の著者を紹介したいと思います。

名前を、加藤秀視と言われます。

この方は、、虐待、施設、暴走族、裏社会、逮捕・・・、自らのどん底の経験から「人はいつからでも変われる」というメッセージを伝え、全国で年間一万人を超える人に対してトークライブを行っておられます。2011年の東日本大震災では、震災二日後に現地に入り、物資100トン以上、10万食もの支援を行われ、社会貢献者表彰を受賞されています。

また、少年院を出入りするような非行少年や問題行動を抱える親子など1000名以上の問題を解決に導き、「文部大臣奨励賞」「衆議院奨励賞」を受賞されています。

そして、事業家といても活躍され、100億円企業の顧問もされ、建設会社の代表もされています。

加藤さんが言われている言葉で、生き方として、「ただ純粋に相手を勝たせたい、という気持ちが何よりも大切である」と。

「相手を勝たせようという気持ち」というのは、「相手の成功や幸せに貢献する」という事です。そして、「人は与える事でしか受け取れません」と言われています。

それは、ギブ&テイクの精神とは、概念が正反対である。ギブ&テイクは、そもそも与える動機が「自分のため」であると。

加藤さんの本を読んで大変感動しました。そして、人が幸せ感を感じられる根本的なことだと改めて、勉強させていただきました。また、本物と出あうと、人生を変えられるという言葉も印象的でした。

 

 


最近はまっている本

2015年6月3日13:22:27

最近、はまっている本の著者を紹介したいと思います。

名前を、加藤秀視と言われます。

この方は、、虐待、施設、暴走族、裏社会、逮捕・・・、自らのどん底の経験から「人はいつからでも変われる」というメッセージを伝え、全国で年間一万人を超える人に対してトークライブを行っておられます。2011年の東日本大震災では、震災二日後に現地に入り、物資100トン以上、10万食もの支援を行われ、社会貢献者表彰を受賞されています。

また、少年院を出入りするような非行少年や問題行動を抱える親子など1000名以上の問題を解決に導き、「文部大臣奨励賞」「衆議院奨励賞」を受賞されています。

そして、事業家といても活躍され、100億円企業の顧問もされ、建設会社の代表もされています。

加藤さんが言われている言葉で、生き方として、「ただ純粋に相手を勝たせたい、という気持ちが何よりも大切である」と。

「相手を勝たせようという気持ち」というのは、「相手の成功や幸せに貢献する」という事です。そして、「人は与える事でしか受け取れません」と言われています。

それは、ギブ&テイクの精神とは、概念が正反対である。ギブ&テイクは、そもそも与える動機が「自分のため」であると。

加藤さんの本を読んで大変感動しました。そして、人が幸せ感を感じられる根本的なことだと改めて、勉強させていただきました。また、本物と出あうと、人生を変えられるという言葉も印象的でした。

 

 


最近はまっている本

2015年6月3日13:22:25

最近、はまっている本の著者を紹介したいと思います。

名前を、加藤秀視と言われます。

この方は、、虐待、施設、暴走族、裏社会、逮捕・・・、自らのどん底の経験から「人はいつからでも変われる」というメッセージを伝え、全国で年間一万人を超える人に対してトークライブを行っておられます。2011年の東日本大震災では、震災二日後に現地に入り、物資100トン以上、10万食もの支援を行われ、社会貢献者表彰を受賞されています。

また、少年院を出入りするような非行少年や問題行動を抱える親子など1000名以上の問題を解決に導き、「文部大臣奨励賞」「衆議院奨励賞」を受賞されています。

そして、事業家といても活躍され、100億円企業の顧問もされ、建設会社の代表もされています。

加藤さんが言われている言葉で、生き方として、「ただ純粋に相手を勝たせたい、という気持ちが何よりも大切である」と。

「相手を勝たせようという気持ち」というのは、「相手の成功や幸せに貢献する」という事です。そして、「人は与える事でしか受け取れません」と言われています。

それは、ギブ&テイクの精神とは、概念が正反対である。ギブ&テイクは、そもそも与える動機が「自分のため」であると。

加藤さんの本を読んで大変感動しました。そして、人が幸せ感を感じられる根本的なことだと改めて、勉強させていただきました。また、本物と出あうと、人生を変えられるという言葉も印象的でした。

 

 


最近はまっている本

2015年6月3日13:22:25

最近、はまっている本の著者を紹介したいと思います。

名前を、加藤秀視と言われます。

この方は、、虐待、施設、暴走族、裏社会、逮捕・・・、自らのどん底の経験から「人はいつからでも変われる」というメッセージを伝え、全国で年間一万人を超える人に対してトークライブを行っておられます。2011年の東日本大震災では、震災二日後に現地に入り、物資100トン以上、10万食もの支援を行われ、社会貢献者表彰を受賞されています。

また、少年院を出入りするような非行少年や問題行動を抱える親子など1000名以上の問題を解決に導き、「文部大臣奨励賞」「衆議院奨励賞」を受賞されています。

そして、事業家といても活躍され、100億円企業の顧問もされ、建設会社の代表もされています。

加藤さんが言われている言葉で、生き方として、「ただ純粋に相手を勝たせたい、という気持ちが何よりも大切である」と。

「相手を勝たせようという気持ち」というのは、「相手の成功や幸せに貢献する」という事です。そして、「人は与える事でしか受け取れません」と言われています。

それは、ギブ&テイクの精神とは、概念が正反対である。ギブ&テイクは、そもそも与える動機が「自分のため」であると。

加藤さんの本を読んで大変感動しました。そして、人が幸せ感を感じられる根本的なことだと改めて、勉強させていただきました。また、本物と出あうと、人生を変えられるという言葉も印象的でした。

 

 


最近はまっている本

2015年6月3日13:22:20

最近、はまっている本の著者を紹介したいと思います。

名前を、加藤秀視と言われます。

この方は、、虐待、施設、暴走族、裏社会、逮捕・・・、自らのどん底の経験から「人はいつからでも変われる」というメッセージを伝え、全国で年間一万人を超える人に対してトークライブを行っておられます。2011年の東日本大震災では、震災二日後に現地に入り、物資100トン以上、10万食もの支援を行われ、社会貢献者表彰を受賞されています。

また、少年院を出入りするような非行少年や問題行動を抱える親子など1000名以上の問題を解決に導き、「文部大臣奨励賞」「衆議院奨励賞」を受賞されています。

そして、事業家といても活躍され、100億円企業の顧問もされ、建設会社の代表もされています。

加藤さんが言われている言葉で、生き方として、「ただ純粋に相手を勝たせたい、という気持ちが何よりも大切である」と。

「相手を勝たせようという気持ち」というのは、「相手の成功や幸せに貢献する」という事です。そして、「人は与える事でしか受け取れません」と言われています。

それは、ギブ&テイクの精神とは、概念が正反対である。ギブ&テイクは、そもそも与える動機が「自分のため」であると。

加藤さんの本を読んで大変感動しました。そして、人が幸せ感を感じられる根本的なことだと改めて、勉強させていただきました。また、本物と出あうと、人生を変えられるという言葉も印象的でした。

 

 


最近はまっている本

2015年6月3日13:22:20

最近、はまっている本の著者を紹介したいと思います。

名前を、加藤秀視と言われます。

この方は、、虐待、施設、暴走族、裏社会、逮捕・・・、自らのどん底の経験から「人はいつからでも変われる」というメッセージを伝え、全国で年間一万人を超える人に対してトークライブを行っておられます。2011年の東日本大震災では、震災二日後に現地に入り、物資100トン以上、10万食もの支援を行われ、社会貢献者表彰を受賞されています。

また、少年院を出入りするような非行少年や問題行動を抱える親子など1000名以上の問題を解決に導き、「文部大臣奨励賞」「衆議院奨励賞」を受賞されています。

そして、事業家といても活躍され、100億円企業の顧問もされ、建設会社の代表もされています。

加藤さんが言われている言葉で、生き方として、「ただ純粋に相手を勝たせたい、という気持ちが何よりも大切である」と。

「相手を勝たせようという気持ち」というのは、「相手の成功や幸せに貢献する」という事です。そして、「人は与える事でしか受け取れません」と言われています。

それは、ギブ&テイクの精神とは、概念が正反対である。ギブ&テイクは、そもそも与える動機が「自分のため」であると。

加藤さんの本を読んで大変感動しました。そして、人が幸せ感を感じられる根本的なことだと改めて、勉強させていただきました。また、本物と出あうと、人生を変えられるという言葉も印象的でした。