プロフィール

藤岡 輝行

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

有限会社アドバンス

記事テーマ

バリア バリュー

2015年4月15日09:20:31

先日、株式会社 ミライオの広報責任者の方の、話を聞く機会がありました。

その会社の、社長は、23歳で車イスの生活をされているかたで、45歳までの命だと医者から言われて、あと私の人生は、7645日ですと言われ、残された日々を、バリアバリューから社会を変えたいという思いで、起業されたそうです。バリアバリューとは、障害を価値へ変えるという事です。それが、会社の理念だそうです。障害があるからこそできる事がある。その価値の追求をされています。

そして、話された中で障害を持っている人は、何でもかんでもやってもらう事が幸せではないといわれてました。我々、高齢者の施設においても、同じことを感じました。

施設を利用される方が、本当に望まれることは、何でもやってもらう事ではなく、自分の思いを少しでも実現していく事ではないかなと思いました。人には、選択していく自由というものがあります、それが、人間としての喜びではないかと思います。

ついつい、業務の流れの中で、業務優先になってしまうのですが、利用者の思いが優先されるべきであると強く感じました。そこに、笑顔が生まれ、働く生き甲斐が生まれてくると思います。

時間があれば、株式会社 ミライオ検索してみてください。